舞鶴市水道部公式ホームページ

舞鶴市水道事業公式ホームページ

トップページ くらしの情報 水道料金 水づくり 水道事業 水道QアンドA

経営編

 
水道事業は企業経営だということですが・・・
 水道事業は、地方公営企業法に基づき舞鶴市による地方公営企業として経営されています。水道事業運営にかかる必要な経費は、税金ではなく、独立採算制を原則として利用者の皆様からの水道料金収入によって賄われています。
舞鶴市水道事業の経営状態はどうですか?

 舞鶴市の水道事業は、地域経済が低迷している中にあって、節水意識の浸透により水の需要が減少し、給水収益が落ち込み平成17年度決算では1,514万円の赤字となりました。

 戦後、舞鶴市が旧海軍の施設を引継いで施設の整備や未普及地域の解消に努めてきましたが、近年、水需要は頭打ちとなっており、水道料金収入は減少しています。このような状況の中、古くなった施設の更新時期が到来し、大きな設備投資が必要であるにもかかわらず、必要な資金の確保が容易でない状況です。また、安全な水道水をお届けするために水源保全の強化や高度浄水処理への要求がますます高まっており、さらに自然災害、水質事故、テロなどの非常事態や環境問題への対応が求められるなど、水道事業を取り巻く環境は非常に厳しくなってきております。

 安全な水道水を安定してお届けするため、平成18年度から平成22年度までの5ヵ年間で緊急に取組まなければならない事業計画を策定し、これに基づく財政計画立てたところ、平成22年度末には約19億5千万円の資金が不足する見通しとなりました。このような財政状況を改善するために、経費の削減など経営努力を行うことはもちろんですが限界があり、料金を改定せざるを得ないことになり利用者の皆さまにご理解を求めたところです。


このホームページに関するお問い合わせ・ご意見は
舞鶴市上下水道部経営企画課
〒625-8555 京都府舞鶴市字北吸1044番地
電話:0773-62-1633