水道管の凍結にご注意ください。

2018/01/12(金)

 気温がマイナス4度以下になると、水道管で屋外に露出している部分などが凍結し破損する可能性があります。

 水道管の保温対策を行うなど、水道管の凍結には十分注意してください。

※お休み前に蛇口から少量(3~4ミリの太さを目安)の水を流し続けることも凍結防止策としては有効です。

 詳しくは、「水道管にも冬じたくを」のページでご確認を。

 破裂した場合は水道メーターボックス内の止水栓を止め、布やテープ等で応急手当をして指定給水装置工事事業者へ修理(有料)をお申し込みください。

 舞鶴市指定給水装置工事事業者の一覧

<<戻る